クレジットカードの比較・口コミランキング

top image

クレジットカード おすすめランキング

4.5 点 (44件)
エポスカードの画像

エポスカードの口コミ・レビュー

その日は、旦那との結婚指輪を買いに、たまたまマルイに指輪を見に行っていました。
まだブランドも特に決めてなくて、ぶらぶらとしていたのですが、4℃で指輪を見てみると、気に入ったデザインのものがありサイズもぴったりだったので、そこで購入を決めました。

エポスカードの存在も仕組みも全く分からなかったのですが、店員さんにエポスカードをその場で勧められました。
いつもであれば、クレジットカードの勧誘は断るのですが、その日は新規入会キャンペーンで10パーセントの割引を受けられるといわれました。

また、マルコとマルイの7日間の期間にも10パーセントの割引を受けることができると説明も受けました。
そして今後年会費はずっと無料と聞いて、入会しようとその場で決めました。

指輪の値段も10万円以上だったので、10パーセントの割引はかなりお得でした。その場で仮のカードを発行してもらい、後日正式なカードが自宅に送られてきました。
今も解約せずに、割引の期間には時々利用しています。
104 人の方が役に立ったと言っています。
エポスカードの良いところはポイントの使い道が豊富な点だと思います。
エポスカードのポイント還元率ですが、200円で1ポイント加算になりますので、比較的還元率は高めかと思います。

また、貯めたポイントは、クレジットの支払いにあてることもできますし、商品券などに交換することもできるので、便利です。
わたしは基本ポイントが貯まれば、ネットで欲しいものを購入して、ポイントを支払いに充てています。
さらに、ポイントを活用した資産運用ができる点もユニークなので、最近はポイントを使った積み立てなんかも始めてみました。

一つだけ不満を挙げるとすれば、リボ払いや分割払いをやたら推奨してくることです。利息などを考えると圧倒的にリボ払いでの支払いは損になると思いますが、「リボ払いに変更しませんか?」といった内容のメールが定期的に届いたり、サイト上でもボタンひとつで簡単にリボ払いに変更できてしまうため、少し怖いなと思うことがあります。
8 人の方が役に立ったと言っています。
4.4 点 (42件)
OricoCard THE POINTの画像

OricoCard THE POINTの口コミ・レビュー

Orico Card THE POINTは常にポイント還元率が1.0%で、100円で1ポイントもらえます。
入会後6か月経つとポイント還元率が2.0%になります。
そして、オリコモール経由で買い物をすると、カード利用のポイントとは別にポイントがたまります。
そのため、ポイントをためやすいです。食事や買い物など店舗での利用、通販での買い物、公共料金の支払いなどに利用していると、どんどんたまります。

たまったポイントと交換できるものに魅力的なものがないカードもありますが、Orico Card THE POINTの場合はAmazonギフト券などのギフト券に交換でき、普段使うものと交換できています。
そして、年会費は無料です。

初年度だけ年会費無料で2年目以降は有料というカードが少なくないですが、Orico Card THE POINTはずっと年会費無料なのでうれしいです。

紛失・盗難補償がある点も安心できます。
66 人の方が役に立ったと言っています。
このカードはオリコのカードとしては2枚目です。
1枚目は、Kouritu Kyosai Member's Cardです。
1枚目のカードの使い勝手が良かったので、同じ会社のカードを2枚目として利用することになりました。
それが、今回のOrico Card THE POINTカードです。
とにかく、使い勝手が良いのです。
現金要らずですね。
ほとんどの店舗での支払いが出来ますね。
ネット通販(Amazonなど)に使用したり、昨年は、国内旅行したときに利用させてもらいました。
新幹線や在来線の料金の支払い、ホテル宿泊の料金、レストランでの家族全員の支払いにも利用させてもらいました。
本当に便利ですね。
更に、利用額に応じてポイントが付与されます。
付与されたポイント数に応じて、商品が貰えるという利点が有ります。
ただし、利用に際して、使いすぎることが心配ですね。
それは大丈夫です。
使用できる金額の上限が決められているのです。
とにかく、キャッシュレスの時代、上手にクレジットカードを利用したいと思います。
18 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (72件)

ライフカードの口コミ・レビュー

ライフカードは年会費が無料で持つことができるクレジットカードになっていますが、家族カードやETCカードも年会費無料で持つことができるようになっています。

クレジットカード会社の中では、家族カードやETCを発行する際には年会費がかかることもありますが、こちらのライフカードでは年会費がかかりません。そういう意味では1枚は持っておきたいクレジットカードです。

ただしクレジットカードのステータス自体は高くありませんので、メインで使うよりもサブで使うことをオススメします。

それとライフカードの魅力は、自分の誕生日月にはポイントが3倍になります。どこで購入しても3倍になるのため、誕生日月になった月にまとめて買い物をすることでポイントを大幅に獲得できます。

さらに良いのがポイント有効期限が長いことです。ライフカードの場合にはポイント有効期限が5年間とかなり長くなっています。
他社ではポイント有効期限が1年や2年といった期間が多い中で、5年間ポイントが失効しないのは魅力的です。
14 人の方が役に立ったと言っています。
ライフカードを愛用しています。年会費無料だし買い物はクレジットカードでしたいと思い作ってみたのですが、とても気に入っています。

月々の支払いをライフカードにしてみたら、知らないうちに「こんなにポイントがたまったの?」という状態になっています。

誕生日月はポイントが3倍になるので、欲しかったものをたくさん購入するんですよね。ポイントがたまると思うと買い物が楽しいです。

ポイントを使おうと思った時、マイルやギフトカード、電子マネーなど色々交換することができるのですごく便利です。
交換手続きはWEBでできると知り、難しそうだなと思ったのですがとても簡単に手続きすることができました。

ライフカードのポイントは5年間は有効なので、しばらく使わないでため続けることも可能なんですよね。
とてもいいなと思っています。
カードのデザインが爽やかでカッコイイのも好きですね。

ライフカードが運営するL-Mallを経由してショッピングをすると、ポイントがものすごくたまるのでついつい買いすぎてしまいます。
64 人の方が役に立ったと言っています。
4.5 点 (134件)

楽天カードの口コミ・レビュー

年会費無料というのは、大きな強みになります。
わずらわしさがありませんし、クレジットカード所有に伴うプレッシャーやストレスなんかも皆無です。
実際のところどうなのかは知りませんが、比較的審査が緩いことでも有名なので、何かと制約のある方でも申し込みをしてみる価値はあるでしょう。

あと、自分の場合、楽天モバイルを利用しているのと、頻繁に楽天で買い物をしているため、ポイント還元の面で大きな恩恵を得ています。
ほかのカードなら一切入ってこないポイントが、楽天カードを使うことで年間にして相当なポイントに膨れ上がっています。
それでまた、買い物もできますし、ますます楽天から離れられない、なんというか好循環のサイクルに入っています。
楽天ユーザーなら必須のカードだといえるでしょう。

これまで一度もトラブルに遭遇したこともありませんし、今後も、メイン用途で楽天カードを使っていくことになるでしょうね。
周りにも楽天カード所有者は多く、みんな一様に満足しています。
8 人の方が役に立ったと言っています。
楽天カードは比較的審査が緩く、パートで年収が100万前後の私でも作成する事が出来ました。

ショッピング、キャッシングと合わせて110万円使えます。
年会費は永年無料を謳っており、利用しなくてもお金が掛からないので便利です。
2回までの分割払は手数料が無料になるのも凄く嬉しい。

また、一括払いで購入した商品も後からリボに変更する事が出来ます。
急な出費や予定外の支出にも臨機応変に対応出来るのがありがたいです。
ETC、ラウンジサービスと最低限はそろっており、何処で買い物をしても最低1%のポイントが貰えます。
クレジットカードを複数枚、利用する店舗によって使い分け無くても基本的にお得に利用できる手軽さも良いです。
人前で使うのが恥ずかしい等々、ステータス性を求めず、高価な物を毎月の様に購入するみたいな派手な使い方をしない限りは不満に思う点も無く、とりあえずクレジットカードを持ちたいって人にはうってつけなカードだと思います。

ブランドもマスター、JCB、VISAの三つはそろってます。
2 人の方が役に立ったと言っています。
3.7 点 (17件)

VIASOカードの口コミ・レビュー

三菱UFJニコスVIASOカードは、元々旧イーバンク銀行とのバンドルカードだったNICOSカードから生まれました。
現在の楽天銀行とは統合カードを作らないことが判明した時に分離した単体のクレジットカードとして登場したので、最初から単体のクレジットカードでありながら楽PAY登録が可能となっています。

一括払いや分割払いにも対応していますが、楽PAY登録を行うことで全ての支払方法を設定しても自動的にリボ払いへと切り替えて請求してくれるわけです。
実際に使ってみて分かったこととして、他のクレジットカードのリボ払いとは異なり、毎月の支払額は元金返済額を設定する方式であって利息に相当するリボ払い手数料が外掛けとなります。
やや大きめの金額を設定しておけば、リボ払い残高が設定金額よりも溢れた場合に限りリボ払いとなるので、初回のみで返済できる金額については事実上の一括払いが行える仕組みです。

残高スライドリボルビング方式ではなく、リボ払い元金を自分で設定する方式という点が使い勝手の良さと使いすぎを防ぐキッカケとなります。
64 人の方が役に立ったと言っています。
三菱UFJニコス VIASOカードの主な特徴としては、貯まったポイントが自動的にキャッシュバックされるということに魅力的を感じて作りました。ただこのクレジットカードは、その自動キャッシュバックだけしか魅力を感じませんでした。

ポイント還元率はもともと低いので思ったよりもポイントは貯まらないので、さすがにメインでは使えないと思いました。
一応ポイントがアップするVIASO eショップがありますが、あえてここ経由するよりも通常時でもポイント還元率が高いクレジットカードを使った方がより効率的であると思いました。

年会費は無料であることから一応持っていますが、最近は使うことがなくなりました。それとコールセンターに問い合わせをしても、オペレーターに中々繋がりません。
これには相当ストレスが溜まりました。

以上のように、個人的には使い勝手が悪いクレジットカードだと思います。自動キャッシュバックを一度も受け取ることがなく、使うのを止めてしまいました。
104 人の方が役に立ったと言っています。
4.1 点 (14件)

NTTグループカードの口コミ・レビュー

NTTグループカードは、Web明細サービスを利用することで年会費を無料にすることができるので明細書は紙で貰わずにWeb明細サービスを利用するようにしています。
クレジットカードで年会費が無料にできるのであればそれが一番なので、条件もかなり緩いのでNTTグループカードはコストをかけずに利用できています。

このクレジットカードをもったきっかけは、出光SSのガソリン代を安くするためでした。
このクレジットカードで決済をすればポイントを獲得して、その獲得したポイントによってガソリン代の割引率が決まるので積極的に利用しています。

ただし正直普段の買い物をする際にはポイント還元率はそこまで良くないので、出光SSのガソリン代の決済用として利用しているに過ぎません。
それ以外にこのクレジットカードの魅力はありません。
普段の商品を買う時やサービスを利用する際の支払いには他のポイント還元率が高いクレジットカードの方を使用しています。
71 人の方が役に立ったと言っています。
NTTグループカードというのは、NTTグループということで安心感や信頼感がまずあります。

他にも魅力的な面はあって、例えばオンラインショッピングを利用したときの補償がついていて、破損や盗難の被害に関して対応してくれる部分が良いとは思っていました。

しかし、利用にあたっては年会費がネックだなと思っていたのです。

魅力と言える部分は感じられたものの、年会費を負担する部分がどうしても気になってしまいました。

しかし、あとで気付いたのですが、NTTグループカードは年会費を無料にすることができるのです。

NTTグループカードでは明細をWEBから確認するという方式に変えると、年会費が無料になるというのです。

これが使えるならば、私にとってのデメリットが完全に消えた状態なので、NTTグループカードを利用することにしました。

NTTグループという安心感や信頼感、そしてオンラインショッピング時の補償のメリットが大きかったので、デメリットをほとんど感じずに利用できて良かったと思います。
91 人の方が役に立ったと言っています。

三井住友VISAクラシックカードの口コミ・レビュー

三井住友銀行でクレジットカードを利用しています。
使い始めたのは4年前からで、最近はアプリでの管理が円滑になり重宝しています。

その中でもワンタイムパスワード機能が非常に使いやすく、またセキュリティ面でも安心して利用できる機能です。

使い方はシンプルで、ネットからの振り込みの場合や支払いの際に即時発行され有効時間が60秒のみのパスワードとなります。

仕事柄、銀行の営業時間内に窓口やATMを利用することが難しく、仕事の合間のスキマ時間などに利用しています。

またネット上での手続き自体は夜間でも可能で、わざわざ足を運ばなくとも振り込みができるので、アプリには大変お世話になっております。

またアプリ利用の良い点としては、クレジット利用の連携をすることでその月にいくらをどこで使ったかの明細をすぐにどこでも確認できることです。
これにより使途不明金や自分の知らないところで引き落とされているお金がなくなり金銭管理が非常に効率的になりました。
71 人の方が役に立ったと言っています。
三井住友VISAクラシックカードはポイントがたくさんたまります。

1000円の利用で1ポイントのワールドポイントがもらえるだけでなく、対象のコンビニで利用すればポイントが5倍、対象のお店から自分で3店舗まで選び、その店舗で利用するとポイントが2倍といったサービスがあります。

コンビニはよく使います。そして自分で選べる店舗には、ワイズマート、クリエイト、スターバックスなど普段からよく利用するお店が対象になっていて、よく使う店舗だからポイントがたまりやすいです。

たまったポイントは、景品に交換したり、他のポイントサービスに移行できたりします。
交換できる景品はカタログギフト、グルメギフトから選ぶことができ、いろいろな商品の中から素敵なものを選べるのでうれしいです。

セキュリティはしっかりしているようなので、インターネットでの買い物も安心できます。
年会費は初年度が無料で、次からは年会費がかかっても1250円くらいなので、それほど高くは感じていません。
75 人の方が役に立ったと言っています。

ビックカメラSuicaカードの口コミ・レビュー

このカードは1年半ほど前に作りましたが現在もよく使っています。
国際ブランドはVISAとJCBから選ぶことができます。(私はVISAにしました。)

このカードは初年度が年会費無料で、2年目以降は年会費524円がかかりますが、前年に1度でも利用すれば年会費は無料になります。
ですので年会費は実質無料と考えていいと思います。
viewカードの中で年会費無料のカードはこれぐらいしかないので、タイトルの通りviewカードの中で1番のカードだと思います。

また、カード名に「ビックカメラ」と書いてありますが、家の近くにビックカメラがないので私はビックカメラで使ったことはありません。
いつも電車に乗るときにSuicaとして利用したりポイントを貯めてグリーン車に乗ったりしています。グリーン車には600ポイント貯めると1回乗ることができるのでとてもオススメです。

私はグリーン車に乗るためにポイントをコツコツ貯めています。
80 人の方が役に立ったと言っています。
ビックカメラでクレジットカード使う人はまず、このカードが必須ですね。ビックカメラのポイント還元率が現金と同じ10%になりますから。
でもおすすめしたいのは、別にビックカメラ行かないけどモバイルSuicaを使いたい人です。

モバイルSuicaはビューカード以外で登録すると年会費1030円がかかります。ビューカードを登録すれば、当面無料となっています。
しかしビューカード自体の年会費がかかってしまいます。
そこで「ビックカメラSuicaカード」です。年会費477円(税抜)なんですが、初年度は年会費無料です。

2年目以降も、前年1年間でのクレジット利用があれば無料です。
というわけで、実質無料で利用することができます。
ポイントは1,000円につき2ポイントで、1ポイントが5円相当なのでごく普通のカードです。

Suica定期券やオートチャージはポイント3倍になるので、JRを使う人にはお得です。
あとウェブ明細にするとポイントをくれます。これが地味にお得です。
112 人の方が役に立ったと言っています。

アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ・レビュー

アメリカンエクスプレスカードを利用して10年以上になります。

先輩からオススメされて使い始めたのですが、他のクレジットカードと比べてみても一番のお気に入りなので好きなところをまとめてみたいと思います。
まずは、券面がスタイリッシュでおしゃれなところ。海外ブランドっぽいデザインが良いです。

次に、アメリカンエクスプレスカードのブランド力。
ラグジュアリーホテルやレストランでも恥ずかしくないカードです。
ポイント還元率が高いクレジットカードなどは、安っぽいイメージがあるカードも中にはあるので、人前で出しても恥ずかしくないところは、アメリカンエクスプレスカードの強みです。

そして、アメリカンエクスプレスカードは、カスタマーサービスも良いです。
困ったことがあったとき、カスタマーサービスに電話するとすぐに解決してくれます。
受け答えも非常に丁寧で気持ちが良いです。
たまにアメリカンエクスプレスカードが使えないお店もありますが、アメリカンエクスプレスカードはかなりオススメです。
20 人の方が役に立ったと言っています。
ドル紙幣のようなデザインが気に入ってこのカードを利用し始めました。
限度額は最初が30万円で、2年目から50万円になりました。
私はそれほど使う訳ではないのでこれはその程度で構いませんが、年会費が高いからと言って最初から高い限度額で使える訳ではないので注意が必要です。

その高い年会費を支払っているメリットとして、国際空港のカード会社用ラウンジが利用できる点がありますが、年に一度も海外に行くことのない私にとってこのメリットは意味がなく、単に高いお金を支払わされているだけのような気がしています。

限度額については使い続ければ200万円程度までは上がるらしく、いわゆる他社のゴールドカードと同じ扱いのカードのようです。
しかしながら、国内で使うなら他の国際ブランドの方が使えるお店も多く、ポイント還元もそう大したものでもありません。

よって、先のようにカードのデザインがよく、持っているだけでステータスになるような気もするものの、年に何度も定期的に海外に行くような人でなければ無理にこのカードを選ぶ必要はないと思います。
11 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (53件)

JCB一般カードの口コミ・レビュー

ソフトバンクでスマホを買う時。
色々オプションをつけるとお得になるという理由でおまかせした一つがクレジットカードの新規申し込みだった。
種類は色々あったがクレジットカードに疎い私はスタッフさんのすすめでJCBを選んだ。
このクレジットカードはpaypayと連動しておりポイントも有効に活用できて満足している。
ただあえて欠点を言うと友達のお店ではクレジットカードでJCBだけが取り扱いがないということだ。こういったお店が多いので使えるお店かどうかは常にチェックしておかないといけない。
しかしクレジットカードが使えなくてもpaypayが使える所だと現金を持たなくても買い物はできるので最近はもっぱらスマホだけを持ってお出かけする事もだいぶ増えた。
もちろんpaypayの残高が減ればクレジットカードからpaypayにチャージするのでJCBカードをフル活用だ。
当初は何も知らずスマホの支払いだけの為にクレジットカードを作ったが
今は家計のお助けツールになっている。
25 人の方が役に立ったと言っています。
作った時には提携先のあるJCBブランドのクレジットカードでしたが、その提携先の会社の倒産によって、そのカードが強制的にJCB一般カードになってしまいました。
退会も考えましたが、カード番号や年会費は以前と一緒なのでそのまま使っていますが、提携先ならではの特典が無くなってしまったので、ほとんどメリットというものが見当たりません。

JCBオリジナルのOki Dokiポイントというポイントシステムがありますが、還元率がいい訳でもなく、貯めることで用意されている景品と交換できるか、Amazonでの購入時にこのクレジットカードと合わせて(それを遣って支払う時に)使えるという程度です。
カードのデザインは悪くありませんが、今やクレジットカードは現金で支払うより何かとお得になることが多いカードも多い中、このカードではそのような恩恵がほとんどありません。
よって、新規に発行するのはおすすめできず、私と同様に提携先が無くなったことでこのカードになってしまった時には、退会して他のもっとお得なカードに切り替えた方がいいかもしれません。

良いと思っている点は、年会費が無料のカードに比べて限度額が高いということくらいです。
提携先があった頃から長く遣っていることもあって、これだけは作りたてのゴールドカード並になっています。
ですが、それほど限度額を必要としていない私にとってはあまりメリットにはなっておらず、そろそろ他のカードに切り替えようかと考えています。
39 人の方が役に立ったと言っています。