クレジットカードの比較・口コミランキング

top image

クレジットカード おすすめランキング

4.5 点 (42件)
エポスカードの画像

エポスカードの口コミ・レビュー

エポスカードにはかれこれ10年近くお世話になっています。
いま現在はVISAのエポスゴールドカードを保有しています。

数年前にエポスからゴールドへの招待状がきた際に通常のエポスカードからゴールドカードに切り替えました。そのため、年会費は無料で保有しています。

わたしが持っていてメリットを感じる部分は、ポイント有効期限なし、利用額に応じてボーナスポイント獲得、海外旅行保険付帯、マルイでの買い物時にポイントが貯まるといったところでしょうか。
通常のエポスカードにも海外旅行保険は付帯しており、無料で持てるクレジットカードで海外旅行保険が付いているものはあまりありません。
海外旅行が好きなわたしとしては大変助かっています。

また実際に保険を利用させてもらったこともありますが、丁寧かつ迅速な対応をしていただき助かりました。
また、空港ラウンジも利用できます。利用価値が高く、一枚持っていると安心できるカードだと思います。
22 人の方が役に立ったと言っています。
初めてクレジットカードを持ったのがエポスカードでした。
マルイで買い物をすることが多く会計時に店員さんからポイントが貯まると勧められ入会することになりました。
年会費がかからないというところも入る決め手でした。

当時は学生で未成年だったのですがそれでも作ることができるということであれよあれよというまに作ってしまいました。
私はかなり慎重な人間なので使い過ぎたりとかのトラブルはありませんでしたごが、学生でまだ親に養ってもらっている状態だったのでできたら親に一言相談をいれてから作ることをお勧めします。
そのときに使ったカードを今もメインで使っています。

クレジットカードで引き落としができるものはエポスカードに1つにまとめてポイントが貯まるようにしています。
そうするとポイントがけっこうすぐに貯まります。
ポイントはネットショッピングの支払いに当てることもできるのでかなり役立ちます。

今はエポスカードのアプリもあってそれで支払い予定額などを簡単に確認することができます。
何が引き落とされるのかすぐに確認して把握できるのでとても便利です。
15 人の方が役に立ったと言っています。
4.4 点 (35件)
OricoCard THE POINTの画像

OricoCard THE POINTの口コミ・レビュー

オリコカード・ザ・ポイントに入会したきっかけは、入会特典で8000円分のポイントをもらえることと、還元率は1%とても高還元率だからです。

実際に使ってみても、還元率が高くとても使っていてお得で文句がありません。

さらに使っていて、おもったよりよかった点があります。
それはクレジットカードの利用合計額に対してのポイント還元で溜まったポイントの使い道がとても多いことが気に入っています。
一例をあげると、楽天スーパーポイント、amazonギフトカード、iTunesギフトカード、WAONポイント、Pontaポイント、Tポイント、ANA・JALマイル、VISA商品券、すかいらーく商品券、Edyチャージ分、nanacoチャージ分などなど、とにかくポイントの使い道が多くて、普段からためているポイントが多い私にとって、とても使い勝手がいいです。

他にも、QUICPay、iDの電子マネーもダブル搭載なので、無駄なくポイントを貯めることができます。
11 人の方が役に立ったと言っています。
年会費が無料であるにも関わらずポイント還元率は驚きの1%もありますので、コストパフォーマンスの良いクレジットカードだと思っています。
それに入会したら半年間はポイント還元が2倍になる特典があるので、半年間は積極的にこのクレジットカードを使うようにしました。

ポイント還元が2倍になる期間は有効活用しないともったいないと思っていたので、極力クレジットカードで支払えるお店で買い物をするように工夫をしました。

それと電子マネーのiDとQuicPayの2つの機能もあるので、電子マネー決済としてもこのクレジットカードが使えるのでとても便利です。
iD決済は頻繫にするので、ちょっとした買い物をする際にこのクレジットカードにあるiD決済を使っています。

以上の理由からメインのクレジットカードとして使っています。
これほどコストパフォーマンスに優れているクレジットカードはそうありませんので、とても重宝して使っています。
8 人の方が役に立ったと言っています。
4.0 点 (65件)

ライフカードの口コミ・レビュー

私はライフカードを7、8年前に作りましたが、当時はお得なクレジットカードの代表格と呼べるカードでした。

誕生月のポイント5倍は驚異的な還元率で、通常月のポイント還元率も決して悪くはないレベルでしたので、平均してみれば非常に使い勝手がよかったのです。

けれど、現在は誕生月のポイント付与率が3倍に下げられてしまい、地味にポイントの金券などへの交換レートも低下するという大改悪が起きています。

一応、年の使用金額ごとにステージが設定され、ステージが上がるごとに還元率が上がるというシステムがありますが、もともと誕生月に大きな買い物をして高いステージを維持してさらにお得になるクレジットカードだったのに、誕生月のポイント還元率を低下されてしまっては旨味がありません。

正直に言って、今からクレジットカードを作ろうと検討している人にとって、ライフカードは検討する価値もないカードだと思います。
私もメインのクレジットカードは別のカードに切り替えました。
4 人の方が役に立ったと言っています。
ライフカードは、サブのクレジットカードとして持つにはコストパフォーマンス的に良いものだと思います。
まずは年会費がかかりませんので、たとえ1年間全く使わなかったとしても年会費は0円なので持っていて損することはありません。

また自分の誕生日月には大幅にポイントがアップしますので、この誕生日月を狙って前から欲しかった高額商品をこのライフカードで決済をするようにしています。
またこのライフカードを作る際もすぐに審査が通ったので、比較的クレジットカードの中ではこのライフカードは審査に通りやすいと思います。

ただし、基本的にはメインのクレジットカードにはなりません。それは誕生日月以外のポイント還元率が低いからです。
そのため、サブのクレジットカードとして持つようにしています。

メインは他のクレジットカードを使っています。
その方が通常時のポイント還元率が高いからです。
以上のようにライフカードはピンポイントで使っています。
7 人の方が役に立ったと言っています。
4.3 点 (97件)

楽天カードの口コミ・レビュー

楽天市場でのネットショッピングがきっかけで楽天カードを作りました。新規入会に関しては特に厳しい条件もなく、申し込んですぐに発行されました。
入会時のポイントが数千ポイントついてお得でした。入会特典は時期によってポイント数の変動があるようです。

利用金額の1%が楽天ポイントとして付与されます。
光熱費や食費など、生活費はなるべく楽天カードで支払うようにすると1年で数千ポイント貯まります。
貯まったポイントは楽天市場で使ってもいいですし、楽天ペイをインストールしていれば、ドラッグストアやコンビニなどで楽天ポイントでお買い物ができます。

定期的にキャンペーンが行われていますが、キャンペーン適用するには基本的に「エントリー」の一手間が必要です。
クリックするだけですが、少し面倒に感じる人もいるかもしれません。

JCB付なので国内で使う分には問題ありません。海外ではJCB非対応の場合が多いので、海外旅行の際は注意が必要かと思います。
7 人の方が役に立ったと言っています。
私が楽天カードを作ったのは会社に入社して数ヶ月経ったある日のことです。会社の上司からクレジットカードは一個くらい持っておいた方が良いと勧められてどこにしようか悩んでいた時に楽天カードのCMを見てクレジットカードをつくってみようと思いました。

色々申請や契約がめんどくさいとおもっていましたが、ネットで情報を記入すれば良いので非常に簡単でした。
会社への在籍確認などあると聞いてましたがそんなことはありませんでした。
色々めんどくさいことが苦手な私でも簡単に作成できました。
審査も通るか不安でしたが簡単に審査通過できました。

さらに楽天カードを作るとお金のキャッシュバックも付いておりとてもお買い得でした。
ショッピングをすると楽天ポイントが付いてきて、通信販売をすることが多い私にはこれもラッキーでした。

いつもは銀行振込でしたがとてもかんたんになり、さらにポイントまで付いてくるのです。今では買い物は楽天市場がほとんどです。
4 人の方が役に立ったと言っています。
3.7 点 (17件)

VIASOカードの口コミ・レビュー

クレジットカードが必要になり、発行までの日数が早いものを調べてみました。
その時に知ったものがVIASOカードだったのですが、翌日の営業日には発行ができてとてもうれしかったです。
しかも気になっていた年会費も、かかりません。

中には最初の1年だけ無料でその後はいくらかのお金がかかるというクレジットカードもありますが、このカードは永年無料なので年会費を気にせずに済みます。
無駄な支出は1円もしたくない性格なので、こういったサービスは大歓迎です。

VIASOカードの良いところは、それだけにとどまりません。
ポイントが自動で現金化される仕組みになっているので、非常にありがたいと思いました。
ポイントの有効期限を気にしたりチェックしたりする必要がないので気軽に使えます。
少しの無駄もなく、有用だと思いました。

加えてショッピング保険もついているため、安心して利用できます。
年間限度額が100万円で、補償がしっかりとしているところも気に入っています。
15 人の方が役に立ったと言っています。
三菱UFJニコスVIASOカードは、元々旧イーバンク銀行とのバンドルカードだったNICOSカードから生まれました。
現在の楽天銀行とは統合カードを作らないことが判明した時に分離した単体のクレジットカードとして登場したので、最初から単体のクレジットカードでありながら楽PAY登録が可能となっています。

一括払いや分割払いにも対応していますが、楽PAY登録を行うことで全ての支払方法を設定しても自動的にリボ払いへと切り替えて請求してくれるわけです。
実際に使ってみて分かったこととして、他のクレジットカードのリボ払いとは異なり、毎月の支払額は元金返済額を設定する方式であって利息に相当するリボ払い手数料が外掛けとなります。
やや大きめの金額を設定しておけば、リボ払い残高が設定金額よりも溢れた場合に限りリボ払いとなるので、初回のみで返済できる金額については事実上の一括払いが行える仕組みです。

残高スライドリボルビング方式ではなく、リボ払い元金を自分で設定する方式という点が使い勝手の良さと使いすぎを防ぐキッカケとなります。
14 人の方が役に立ったと言っています。
4.1 点 (11件)

NTTグループカードの口コミ・レビュー

NTTグループカードというのは、NTTグループということで安心感や信頼感がまずあります。

他にも魅力的な面はあって、例えばオンラインショッピングを利用したときの補償がついていて、破損や盗難の被害に関して対応してくれる部分が良いとは思っていました。

しかし、利用にあたっては年会費がネックだなと思っていたのです。

魅力と言える部分は感じられたものの、年会費を負担する部分がどうしても気になってしまいました。

しかし、あとで気付いたのですが、NTTグループカードは年会費を無料にすることができるのです。

NTTグループカードでは明細をWEBから確認するという方式に変えると、年会費が無料になるというのです。

これが使えるならば、私にとってのデメリットが完全に消えた状態なので、NTTグループカードを利用することにしました。

NTTグループという安心感や信頼感、そしてオンラインショッピング時の補償のメリットが大きかったので、デメリットをほとんど感じずに利用できて良かったと思います。
6 人の方が役に立ったと言っています。
NTTグループカードは、ガソリンを入れるための専用のクレジットカードとして使っています。
このクレジットカードは原則年会費がかかるようになっていますが、それを会員専用のWeb明細サービスを利用することで年会費がかかるのが0円になります。

もともとクレジットカードの利用明細書は他のクレジットカードもWeb上で確認をしているので、このWeb明細サービスを利用する際には特に抵抗感はなかったです。
年会費が無料になるのが一番なので、このサービスを利用しました。

またNTTグループカードは、出光のガソリンスタンドで決済すると利用金額に応じてポイントが付与されます。
この付与されたポイント数に応じてガソリン代が安くなります。

月額でガソリン代はだいたい2万円を超えるので、毎月1リットルあたり4円の値引きを受けています。
幸いにも自宅近くには出光のガソリンスタンドがありますので、ガソリン代を決済する際にはNTTグループカードでするようにしています。
7 人の方が役に立ったと言っています。

三井住友VISAクラシックカードの口コミ・レビュー

■デザイン
三井住友のマスコットキャラクター、ミドすけがプリントしてあるカードで一見クレジットカードには見えないです。
ただとても可愛いらしく女性には好評みたいで、支払いの時にミドすけで会話が盛り上がります。

■還元率
クレジット払いで使った分だけ口座にお金が還元されるシステムなのですが、あまりにもその還元率が低いのが残念な点です。
どれだけお金が貰えるのか、試しに頑張って一月に高い額(といっても低所得なので数万円程度ですが)の買い物をしたのですが、100円くらいしか入ってませんでした。因みに普段は月50円程度です。
なので違うクレジットカードで支払うことを最近検討しております。

■故障のしやすさ
色んな磁気を持ったカードを所持しておりますが、この三井住友VISAカードは今までに二回磁気不良でカードが使えなくなったことがあり、その都度再発行をしてもらいました。
手続きにわざわざ銀行の窓口に赴かなくてはならないのをどうにかして欲しいなと思います。
14 人の方が役に立ったと言っています。
三井住友VISAクラシックカードはポイントがたくさんたまります。

1000円の利用で1ポイントのワールドポイントがもらえるだけでなく、対象のコンビニで利用すればポイントが5倍、対象のお店から自分で3店舗まで選び、その店舗で利用するとポイントが2倍といったサービスがあります。

コンビニはよく使います。そして自分で選べる店舗には、ワイズマート、クリエイト、スターバックスなど普段からよく利用するお店が対象になっていて、よく使う店舗だからポイントがたまりやすいです。

たまったポイントは、景品に交換したり、他のポイントサービスに移行できたりします。
交換できる景品はカタログギフト、グルメギフトから選ぶことができ、いろいろな商品の中から素敵なものを選べるのでうれしいです。

セキュリティはしっかりしているようなので、インターネットでの買い物も安心できます。
年会費は初年度が無料で、次からは年会費がかかっても1250円くらいなので、それほど高くは感じていません。
6 人の方が役に立ったと言っています。

ビックカメラSuicaカードの口コミ・レビュー

私は学生の頃に、ビックカメラで買い物をした際にもともと持っていたスイカとビックカメラのカードを一緒になるように窓口で申請しました。
ビックカメラスイカカードは、自分で設定した金額よりスイカの中身が少なくなってしまったら、自動にチャージができます。
私は3000円に設定しておいて、3000円があと少しでなくなるよ、という時に自動にチャージしてくれるようにしました。(オートチャージと言います。)この機能はとても便利で、良く電車を利用する人は持っておいていいと思いました。
自分の口座から後で引き落とされる仕組みになっていたので、それだけ覚えていれば自分でチャージをする時間をかけずにすむんです。
結構スイカって自分でチャージするのが面倒くさかったりしますよね。
私はピッとチャージしても改札を抜けられなかった、っていうのがザラにあったので(単に無頓着なだけですが)、このカードを持っていて良かったな、と思いました。
ビックカメラで買い物をするときもポイントがたまるのでお勧めですよ。
42 人の方が役に立ったと言っています。
ビックカメラでクレジットカード使う人はまず、このカードが必須ですね。ビックカメラのポイント還元率が現金と同じ10%になりますから。
でもおすすめしたいのは、別にビックカメラ行かないけどモバイルSuicaを使いたい人です。

モバイルSuicaはビューカード以外で登録すると年会費1030円がかかります。ビューカードを登録すれば、当面無料となっています。
しかしビューカード自体の年会費がかかってしまいます。
そこで「ビックカメラSuicaカード」です。年会費477円(税抜)なんですが、初年度は年会費無料です。

2年目以降も、前年1年間でのクレジット利用があれば無料です。
というわけで、実質無料で利用することができます。
ポイントは1,000円につき2ポイントで、1ポイントが5円相当なのでごく普通のカードです。

Suica定期券やオートチャージはポイント3倍になるので、JRを使う人にはお得です。
あとウェブ明細にするとポイントをくれます。これが地味にお得です。
29 人の方が役に立ったと言っています。

アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ・レビュー

私が2枚目のクレジットカードを作ったのがこのアメリカン・エキスプレス・カードでした。アメリカン・エキスプレス・カードを作成した理由としてはステータス性が高いカードであり、社会人になって安定した収入が得られるようになったので申し込みした経緯があります。

サラリーマンとなって全国に出張することが多くなったのですが、このアメリカン・エキスプレス・カードを作って良かったと思う点が国内の空港ラウンジがカードを提示することで無料で利用することができる点です。

年会費は1万円程度かかりますが、毎年空港ラウンジを複数回利用することで元は取れると思います。

また、アメリカン・エキスプレス・カードはステータス性があるカードなのでちょっとした高級なお店での支払いの際にはこのカードを提示することでちょっとした安心感があります。

また、ホテルを利用する際にアメリカン・エキスプレス・カードを利用することでお得に宿泊することができたり部屋のグレードが上がったことがあるので色々とお得なカードだと思います。
8 人の方が役に立ったと言っています。
アメリカン・エキスプレス・カードは世界でも有名なクレジットカードの1つだと思います。

日本でもかなり有名で、ステータスの高さを象徴するようなところがあるのではないか?と思っていました。

実際、私がアメリカン・エキスプレス・カードを利用し始めた理由はまさにそこで、サービス内容とかは詳しく調べずに、ネームバリューだけで決めた感じはありました。

確かにアメリカン・エキスプレス・カードを持っていると、注目はされます。

誰もが知っている会社だけに注目はされやすいので、その点の優越感はあります。

しかし、やっぱりデメリットだと感じるのが年会費の高さで、この年会費については他の多くのクレジットカードよりも高めになっているなと感じます。

年会費の部分に関しては事前にあまり考慮していなかったというか、高めというのは知っていましたけど、そんなに問題ないだろうという意識のもと選んでいたのです。

だから、実際利用してみると、ステータスの高さ以外にそこまで大きなメリットを感じなかったため、年会費がより高く感じてしまったという状況でした。
8 人の方が役に立ったと言っています。
4.1 点 (47件)

JCB一般カードの口コミ・レビュー

ネットからの入会でJCBギフト券2,000円キャッシュバックのキャンペーンをしていたので、個人名義のカードを作る際にJCBを選びました。

またネット入会で初年度の年会費が無料になります。
実際に使ってみるとポイントを沢山貯めたい方向けのカードではないと感じました。

ポイント還元率が0.5%程度なので、余程高額な買い物を毎月しない限りポイントは中々貯まりません。
私は日頃からスタバを頻繁に利用するのですが、スタバがポイント優待店なのでスタバカードにチャージするたびにポイントを貯めています。

スタバはポイント優待店の中でもポイント10倍と還元率が高いので、スタバカードへのチャージを頻繁に行なう方ですとお得なカードだと思います。

欲を言えば普段の買い物のポイント還元率を1.5%以上にして欲しいです。
還元率が上がれば必然的にJCBカードを使う頻度も増えると思います。

また翌年度の年会費はその年に50万円以上利用した場合のみ無料という条件付きなのですが、せめて20~30万円程度に条件額を下げて欲しいと感じました。
私は主に携帯電話料金の支払いにこのカードを使っていますが、私のように毎月の利用額が少ない方は年間でも50万円利用するというのはハードルが高すぎるように感じます。
11 人の方が役に立ったと言っています。
普段からカードが使用できる店舗では積極的にカード支払いをしているハードユーザーだと自負しています。

利点としては、WEBページで利用履歴や現在の利用限度額など、タイムリーに確認できるので、家計簿を自動的にカードが付けてくれている感覚で、現金支払いよりは自分の金銭感覚が身に付くような気がしています。

出光系のカードを使用しているので、使用料に比例してガソリン料金等の燃料費が安くなり、ポイントも貯まるので、店舗によってはカードを使用する事でそのお店独自のポイントカードが使えない場合が多いのですが、それを上回る利用特典が有ると感じてます。

これまで不便に思った点としては、一部のガソリンスタンドやユニクロの店舗で多いのですが、カードを読み込ますカードスライド型のリーダーで、エラーが多い事です。
他の店舗等では問題なく使用できるのですが・・・

もう一点、カード使用可能な店舗でもJCBカードのみ使用出来ない店舗も少なからず有る点です。
6 人の方が役に立ったと言っています。